本文へスキップ

事務所未定

 

政策・方針policy

「片桐のりこ」が考える医療・介護・福祉パワーアップ

認知症が急増しています。
予防活動に取り組みます
介護を担っている方が
孤立してしまいがちです。
地域で一体となった取り組みを構築します

高齢の方にお元気で
過ごしていただくために。
医療・介護施設の充実はもちろん、口腔ケアや栄養管理、
運動習慣の支援をします
介護のために離職をする人が
増えています。
特に女性は、子育てが終わっても家族介護の担い手となり、仕事との両立が難しくなっています。
介護離職をつくらないような社会にします





教育パワーアップ

小学校からの英語教育[活動]
の導入
横浜市では全国に先駆けて小学校からの英語活動が導入されました

「横浜英語村」事業
英語村では国内で留学体験を実現できる空間を提供しています

『中学生のための礼儀・
作法読本』の作成
礼儀作法の習得は国際人としても不可欠です
日本人としての心を大切に
グローバル人材の育成
横浜から世界の舞台で活躍できる人材、世界の国々と対話ができる人材を育てます

経済・雇用パワーアップ

経済・雇用 
・最低賃金を引き上げ、消費増大に取り組みます。
・多様な働き方を認め、望む人すべてにチャンスのある社会を目指します。

女性パワーアップ

女性 
・女性の健康づくり、子育て、起業、キャリアアップを支援します。

地域パワーアップ

地域 
・大学・NPO 等と連携し、中小企業・商店街支援、乗合自動車の導入、防犯防災など地域課題に取り組みます。
・南区ならではの伝統文化を継承します。

片桐のりこは公立学校での教育を充実し、
家庭の経済状況による教育格差を作らない横浜を目指し活動しています。
 →教育の専門家として引き続き提言を行ってまいります。